浜松市の歯医者、やまぐち歯科の情熱日記

« 「私はこうして発想する」大前研一 | メイン | 感動!WBC決勝戦でキューバとの決戦を制した日本 »

熱いぜ! 大阪クリスタルタワー!

みなさん、最高ですか?!!
浜松市の歯科、インプラントのアースやまぐち歯科医院の山口です。

今日は水の都・大阪で研修です。

本日のこの会は今年で参加が5年目となりました。

毎回、角界、各分野から蒼々たるゲスト講師をお迎えして講演を聞きます。

今回は整体の視点から歯科医療を切り開き、
姿勢セミナーでいつもお世話になっている川邊先生でした。

会に先立ち、主催者からグループ分けが行われましたが
受講者の一部に覇気がなかったため主催者から強烈なカミナリが落とされました。

最初から参加者120名はヒートアップしていました。

いつも熱く燃える大阪会場ならではの光景です。

    窓の外には大坂城が豪壮華麗なその雄姿を見せていました。

20060319大阪城311.jpg

大坂城はご存じのように、豊臣秀吉が1583年に築城を開始しました。
築城者である秀吉自身は、京都に聚楽第、伏見城を次々に建造し、大坂城よりもそれらに居城したそうです。

1599年(慶長4年)秀吉の死後、秀吉の遺児豊臣秀頼が伏見城から、完成した大坂城本丸へ移り、また政権を実質的に掌握した五大老の徳川家康も大坂城西の丸に入って政務を執ったようです。

1603年(慶長8年)に徳川幕府が成立した後も、秀頼は大坂城に留まり摂津・河内・和泉を支配していましたが、1614年(慶長19年)に家康によって構成された大軍に攻められ、篭城戦を戦いました。
これが有名な大坂冬の陣です。

そして、その講和に際して惣構・三の丸・二の丸の破却が取り決められ、大坂城は内堀と本丸のみを残す裸城にされてしまいました。

秀頼は堀の再建を試みたために講和条件破棄とみなされ、冬の陣から4か月後の1615年(慶長20年)大坂夏の陣で大坂城は落城し、豊臣氏は滅亡しました。

    私は大坂城の荘厳な姿を見るたびにやる気ホルモンが脳内から溢れ出します。


さて、毎回 元気に声をかけてくれる群馬のあすなろ歯科さんのMさんと今日も会えました!
いつも愛くるしい笑顔で、私はメロメロです。
素晴らしいスタッフと会えると、たくさんの元気をもらえます。

ぜひまた大阪会場で会いましょうね。
当院の「ハッピースマイルチーム」のスタッフをよろしくご指導くださいね。


060319.jpg

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 19:41
この記事のリンク

最近の投稿

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱カテゴリ

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

月別情熱日記

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱日記を検索

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のフリーダイヤル 0120-6480-53 定期検診予約専用 0120-39-8020

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のメルマガ登録

情熱日記中の人

愛と情熱の歯科医
山口芳照

静岡県立浜松北高、歯科界のフロントランナー東京歯科大学を平成3年に卒業後、平成4年銀座の超カリスマデンティスト小嶋寿先生に師事。その後平成5年にやまぐち歯科医院を立ち上げ、歯科医療相談、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、お子様の矯正歯科を得意分野として地域一番医院を創り上げる。

歯科医師として多忙の傍ら、バイオ機器メーカー「東亜自然化学」代表取締役社長に就任。また大阪の大学研究室にも所属し、基礎の視点からも歯科医学を探究している。

「自分がクライアント・患者さまだったなら受けたい歯科医療を提供する」を信条とし、痛くなく、清潔で安心の歯科サービスを提供するため、日夜、格闘している。

年齢40歳+α、浜松市佐藤町生まれ。動物占いは狼。血液型AB。尊敬する人物・アンソニーロビンズ。

静岡県浜松市の歯医者さん
やまぐち歯科医院ホームページ

東浜松インプラントガイド
きょうせい歯科★解説サイト
モバイル携帯公式サイト

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のSyndicate RSS2.0

個人情報について

当ブログに掲載したお写真、または個人情報は、事前にご了解を頂戴しております。