浜松市の歯医者、やまぐち歯科の情熱日記

Chinaアーカイブ

中国で中国語の研修を受けてきました!

resize1510.jpg   みなさん! あけまして おめでとうございます! インプラントの浜松やまぐち歯科の山口です。 今年は最高の年になる予感がして、 新年早々ワクワクした気持ちが抑え切れません。 お正月休みを利用して、 上海から高速道路に乗って、杭州に行って参りました! 何と片道4車線合計8車線の素晴らしい高速道路が運用されていました!          
  
  
resize1512.jpg 研修会場になった杭州のホテルです。 杭州市(こうしゅうし)は人口700万人で、 中国浙江省の省都です。 中国八大古都の一であり、国家歴史文化名城に指定されています。
隋代以降、江南運河の終着点として経済文化が発達し、 「天に天堂あり、地に蘇杭あり」と謳われました。 また、五代十国の時代、呉越国の都でした。
  
  
resize1505.jpg
私のインストラクターとなってくれたのはこんなに素敵な学生さんでした! 学校で第2外国語として日本語を専攻したそうです。 とってもきれいに日本語を操ります。
  
  
resize1506.jpg 食事は現地の食堂へ行きます。 気に入ったのは「牛肉かけご飯」 とってもおいしいです。 もっちりしたお米とうまみの詰まったおダシのバランスが最高です。 何と150円です!
  
  
resize1509.jpg 自由時間には西湖にいきました。 西湖(せいこ)は中国で最も人気のある観光スポットの1つで、 湖がきれいに見渡せるマンションは1億円以上で販売されているそうです。
  
  
resize1508.jpg 今回驚いたのは、 中国の女の子たちがたくさん矯正歯科治療をしていたことです。 道を歩いている女子学生さんの口元をみると矯正装置の入っているお嬢さんが何と多いことか! 文化でも中国に追い抜かれつつあるようです。 日本の歯科界ももっとガンバらないといけません!

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 10:42
この記事のリンク

上海の研究会に参加してきました!!

みなさん ターチャハオ~!
浜松 歯科 歯医者 の山口です!
今日もゴキゲンでハッスルした1日を過ごしております。
今回は上海の研究会に参加してきました。
  
  

resize0618.jpg
いよいよセントレアから離陸です!機内食を食べると、ますますやる気がみなぎります!


  
  

resize0619.jpg
上海 浦東国際空港に到着です。近い!あっという間に着陸です。

Pudong 空港は全長4,000メートル、幅60メートルのオープンパラレル滑走路3本を有する24時間全天候型国際空港です。素晴らしい空港です。

あと2本の滑走路やターミナルの完成を2015年に控え、工事が盛んに行われていました。
とっても広い飛行場で、なかなかターミナルに到着しません。

  
  

resize0620.jpg
空港内は上海万博の広告が、ぎっしりそこら中に設置してあります。

  
  


resize0623.jpg
バスで大きな橋を通る時にガイドさんが説明してくれました。
「ココが、万博の会場になります!」
  
  


resize0668.jpg
広大な工事現場の真ん中に中国館が見えました。
その形は東京・有明のビックサイトそっくりです。

  
  

resize0606.jpg
会場のワシントンホテルに到着です。
スタッフの皆さんは日本語ができるし、とっても親切で、なおかつとっても料金が良心的な素晴らしいホテルです。

  
  

resize0636.jpg
休憩時間にガイドさんが上海が初めての私のために、豫園まで案内してくれました。
豫園(よえん)は中華人民共和国上海市黄浦区安仁街に位置する明の時代の庭園です。

装飾や様式は伝統的(中華-上海的)でありつつ、周辺は中華的な高層な建築物が並んでおり、観光地としてとてもにぎわっています。

  
  

resize0629.jpg
万博の公式マスコットキャラクター、海宝(ハイバオ)くんと記念撮影。
街中に海宝くんがいっぱいいます。

resize0644.jpg
発展する上海のランドマークの高層ビル街の浦東(Pŭdōng)が遠くに見えます。

  
  

kaiten.jpg
ガイドさんが「美味しいお茶を飲みに行きましょう!」というので、ついて行きました。
そこはなんと日本人観光客向けのおみやげ屋さんでした。
「アイヤー!しまった!」もう後の祭りです。
何か買うまで絶対帰してくれません。ここはやっぱり中国です。やられました。高い授業料になりました。
みなさん!外国では怪しい日本語を話す、現地の人にはついていってはいけません!

  
  


resize0667.jpg
その後です。またまた事件は起きました。タクシーに乗ろうとしたのですが、私たちと同行している中国人の劉さんは、平気で列の間に割り込むのです。「おいおい いいのかなぁ?」と思いましたが、「いいから!」というので様子をみることにしました。


割り込んだところは15人くらいの日本人の大学生くらいのグループでした。グループが分断されて女の子はモジモジしているだけ、男の子は小声でブツブツ言っているだけで中国人に面と向かって文句が言えません。15対1なのにです。
態度で不愉快さをわかってくれというサインを送っています。行動が極めて日本的です。



そこへ颯爽と登場したのが韓国人の若者のグループです。
リーダー格の貫禄のある青年が臆することなく、明瞭で流暢な英語で
「おまえ!横はいりするなよ!俺たちはちゃんと並んで待っているんだ!一番後ろへ行け!」
と言って毅然と中国人にもの申したのです。



相手が文句を言っても自分の権利を拡大する中国人。
はっきりモノが言えない。やられ放しの日本人。
しっかりと大声で自分たちの主張をする英語の達者な韓国人。

国際社会でのそれぞれの国民性がわかって、おもしろかったです。


  
  

resize0633.jpg
外灘(Wàitān)から見た浦東新区の夜景。
発展する中国を象徴する光景です。この世のものとは思えないほど綺麗です。



  

resize0628.jpg
交通渋滞と排気ガスがひどいです。大型トラックがビュンビュンと走っています。
中国では年間に10万人以上の人々が交通事故で亡くなるそうです。



  

resize0650.jpg
上海でどこにでもあるのが、牛肉でダシを取った麺です。
  

resize0651.jpg
そうめんを太くしたような食感です。


  

resize0649.jpg
外灘(Wàitān)の夜景。万博に向けて、公園の整備工事が盛んに行われていました。


  

resize0656.jpg
街にはスズキのスイフトが走ってました!「鈴木」と書いてありました。


  


resize0664.jpg
夜の自由時間には焼きパオツの有名な店に行きました。すごい行列です。

  


resize0669.jpg
生煎饅頭(シェンチェンマントウ)は、挽き肉の具を小麦粉の皮で包み、鉄板で蒸し焼きにした包子。上海発祥です。



  

resize0670.jpg
小籠包のように噛むと包子の中からスープがあふれ出る点が生煎饅頭の特徴です。肉汁スープの味わいに加え、焦げ目が香ばしくカリッとした感触がとってもおいしいです。


  

resize0687.jpg
中国では困ったことがありました。
道路を渡ることができないのです。車やバイク優先なんです。歩行者優先の日本では考えられません。


  

resize0681.jpg

resize0683.jpg

resize0742.jpg


上海の地下鉄の路線網はとってもしっかり整備されています。
駅もピカピカ!
マナーも先進国とかわりません!


  


resize0685.jpg
日本の森ビルが建設した上海ワールドフィナンシャルセンター(上海環球金融中心)からみた東方明珠電視塔(とうほうめいじゅ-でんしとう)。
高すぎて足がすくみます。
地下鉄二号線陸家嘴駅から徒歩5分 のところにあります。


  

resize0689.jpg
朝、散歩をしていると小学校がありました。日本では子供だけで登校しますが、中国では親が送ってくるようです。すごい騒ぎです。


  


  

resize0691.jpg
みなさん、朝ご飯は外で食べるようです。クレープのようなものを焼いていました。
何だかわかりませんが、食べてみたかったです。


  


resize0693.jpg
アパートには一斉に物干しに洗濯ものが干してあります。中華圏ではこの干し方はどこでも同じですね。



  

resize0696.jpg
警察署の前を通りかかりました。
白バイがありました。YAMAHAです。
浜松人としては鼻が高いです。



  

resize0697.jpg
こちらの白バイはSUZUKIでした。


  

resize0715.jpg
 

resize0766.jpg
ここの小籠包は絶品です。アツアツでじわっとダシのきいたお汁が口中に広がります。


  

resize0718.jpg
現地の歯医者さんを見学させて頂きました。設備は日本とかわりません。


  

resize0730.jpg


resize0677.jpg
上海の中心繁華街になっている南京路 (Nánjīng Lù )です。
東京の銀座のように華やかです。
南京路は上海市中部を東西に走っていて、東部に当たる南京東路は黄浦区を外灘から上海人民公園まで走っており、西部に当たる南京西路は人民公園から静安区へ続いています。
物売りがとっても多かったです。


  

resize0755.jpg

resize0756.jpg
刀削麺(とうしょうめん Dāoxiāomiàn )のお店です。
小麦粉を水で練った生地の塊を持って湯の沸いた鍋の前に立ち、くの字型に曲がった包丁を用いて生地を麺状に削り落として直接鍋の中に入れ、茹でて作るります。

曲がった包丁で削るため麺に薄いところと厚いところができ、それが独特の食感を生み出します。


  


resize0774.jpg


さすが、中国4000年の歴史!おいしかったです!
たっぷり仕込みができました!
サイチェン!


  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 19:04
この記事のリンク

最近の投稿

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱カテゴリ

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

月別情熱日記

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱日記を検索

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のフリーダイヤル 0120-6480-53 定期検診予約専用 0120-39-8020

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のメルマガ登録

情熱日記中の人

愛と情熱の歯科医
山口芳照

静岡県立浜松北高、歯科界のフロントランナー東京歯科大学を平成3年に卒業後、平成4年銀座の超カリスマデンティスト小嶋寿先生に師事。その後平成5年にやまぐち歯科医院を立ち上げ、歯科医療相談、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、お子様の矯正歯科を得意分野として地域一番医院を創り上げる。

歯科医師として多忙の傍ら、バイオ機器メーカー「東亜自然化学」代表取締役社長に就任。また大阪の大学研究室にも所属し、基礎の視点からも歯科医学を探究している。

「自分がクライアント・患者さまだったなら受けたい歯科医療を提供する」を信条とし、痛くなく、清潔で安心の歯科サービスを提供するため、日夜、格闘している。

年齢40歳+α、浜松市佐藤町生まれ。動物占いは狼。血液型AB。尊敬する人物・アンソニーロビンズ。

静岡県浜松市の歯医者さん
やまぐち歯科医院ホームページ

東浜松インプラントガイド
きょうせい歯科★解説サイト
モバイル携帯公式サイト

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のSyndicate RSS2.0

個人情報について

当ブログに掲載したお写真、または個人情報は、事前にご了解を頂戴しております。