浜松市の歯医者、やまぐち歯科の情熱日記

海外研究会報告アーカイブ

韓国の学会に行ってきました!(中央大学編)



  

 夜も遅いのですが、東大門から歩いてチャンチュンドンに向かいます。



  



  

 焼き肉と言えば日本では牛肉を思い浮かべますが、韓国では豚肉が一般的です。チャンチュンドンではおいしいチョッパルの店が建ち並んでいます。美容も健康もパワーアップできます。


  



  

 カンナム地区で、豪華マンション群を見学しました。こちらは江南区三成洞にある、「ブラウンストーン・レジェンド」です。1坪がおよそ3100万ウォンで、1部屋が日本円で2億から3億5千万円だそうです。銀行、病院、スーパー、フィットネス、ゴルフ練習場、飲食店街なども入居しています。芸能人もこのあたりにたくさん住んでいるそうです。



  


 
  

 宿舎の近くには多くの芸能事務所がありました。このビルはフックエンターテイメント社。江南(カンナム)地区にあります。芸能人が移動に使う黒いワゴン車がいっぱい並んでいました。



  



  

 セミナー会場は中央大学です。地下鉄9号線の黒石(フクソク)駅4番出口から行けます。中央大学は学生数が5万人超で、プロ野球チームも保有する斗山グループのマンモス私立大学です。芸能人やスターをたくさん輩出している演劇科や映画科がとても有名な学校です。


  



  

 緑が多くて、広々としたキャンパスでした。久しぶりに学生気分に戻りました。

  



  

 中央大学の目玉の階段です。木が多い森林公園のようなキャンパスは本当に気持ちがよいです。

  



  

 教室はこんな感じです。若い学生さんたちのパワーをもらってますます元気になりました。

  



  

 ソウルの北にある鐘路(チョンノ)区平倉洞(ピョンチャンドン)の高級住宅街の見学に行きました。地下鉄3号線の弘済駅が最寄り駅です。豪邸が建ち並んでいました。中をのぞいたら、犬に吠えられました。皆セコムでした。浜松にはこういう家はありません。

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 12:51
この記事のリンク

韓国の学会に行ってきました!(出発編)



  

 浜松から90分!韓国の学会に出席するために、中部空港に到着しました!
GWなのに閑散としていて、旅行客がわずかしかいません。どういうことでしょう?

 一刻もはやく、2本目の滑走路をつくり、24時間開港化を果たすことによって、北東アジアの空港間競争に生き残ることができるのです。設備投資が遅れたことにより、世界50位に転落した海運の二の舞になってはなりません。このような事業こそ国家が戦略的に真っ先に取り組むべき課題なのです。


  



  

 KARAの皆さんの元気な姿に癒されます。今日本に必要なのは、消極的になって足を引っ張り合うことではなく、明確な目標設定に基づいて、自らが立ち上がることだと思います。国が悪い行政が悪い政党が悪いと責任転嫁をするのではなく、自らを自らの力で引っ張り上げることこそが必要ではないでしょうか?


  



  

 飛行機もガラガラです。世界で一番ホットな地域、世界2位と3位の経済大国が鎮座するこの地域でこれは寂しいです。
 


  


 仁川到着です。すごい数の航空機です。器材が溢れるほど混雑しています。渋滞をおこし、ボーディングブリッジが開かずに、30分機内で待機です。大変な混雑です。この活気こそが日本に欲しいのです。このような空港を先に日本が作らなければなりません。
 仁川から北米や欧州に飛ぶ渡航者の7割は中国人なのです。中国は共産国家ということもあり、世界とのネットワークがそれほど充実していません。仁川は中国全土のハブ空港として、中国人を集めているのです。トランジット時に免税店で落とすお金は半端ではありません。本来ならこの役目を日本が北米へのゲートウェイとして果たさなければなりません。現実には路線廃止が相次いでいるのです。

 鉄道の駅が不便で、快速電車も止まらず、本数も少なかったら、そのエリアに人物金が集まるでしょうか?空運庁、海運庁を作ってでも立て直しを図るべき課題です。

  



  

 韓国で目立つキャノンの広告です。電化製品で日本に競争力があるものはカメラくらいなのでしょうか?

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 20:19
この記事のリンク

AAOに行ってきました!(帰国編)


  

 さあ!いよいよ日本に帰ります。
やっぱり日本はいいな。日本が恋しいな。ホノルルの空港には断然、日の丸がよく似合います。



  

 空港はどこか南国風で、のんびりしています。


  

 巨人、中日などで38年間ユニフォームを着て活躍した元プロ野球選手のウォリー・カナメ・ヨナミネさんの記念展示がありました。背番号37!良く覚えています。2011年の2月28日にホノルルの地で永眠されたとのことです。とても懐かしかったです。



  

 飛行機からダイヤモンドヘッドが見えます。お見送りをしているようです。



  

 アラモアナショッピングセンターがはっきり見えました。



  

 周りは赤ちゃん連ればかりでとても賑やかで最高でした。


 


 
 
 仁川での乗り継ぎでは文化センターの脇のエスカレーターから、搭乗口方面に合流できます。



  

 平日というのに、仁川はとても混雑しています。トランジット客の取り込みに成功しているようです。閑散としていた成田とは活気が違います。



  

 空港が騒然としはじめました。なんと歴史行列が空港内を練り歩いているのです。あっという間に観光客が取り囲みます。経済発展と日本とのハブ空港競争に勝つためにここまでするのか!すごい!



 
 
 ただで歴史ショーが見ることができて大変得した気分です。振り返って日本は経済成長しなかったら、税収も増えないし、借金も返せないし、社会保障も福祉政策も産業政策も打てないのです。
 成田空港でチンドン屋さんを徘徊させるくらいの必死さで劣勢を挽回しなければなりません。大きな気づきを得ることができました。



  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 15:47
この記事のリンク

AAOに行ってきました!会場編


  
 日本の皆さ~ん!ALOHA~!
今朝は早朝5時にぴょんと起きて、Ala Moana公園をジョギングです。
暑くもなく、寒くもなく、マイナスイオンたっぷりの空気を吸い込んで走る、この爽快感!



  
 
 いたる所に虹がかかり、そこらじゅう虹だらけです。まさにレインボー!ハワイ州のナンバープレートにも虹が描かれています。


  

 恒例のマラソン大会が行われていました。
この環境ならばいくらでも走ることができそうです。
司会者がまたファンキーな方で、うまく皆を盛り上げます。日本でもお気楽な大会が毎週あるならきっと多くの市民が楽しめるでしょう。



  
  さて、いよいよAAO(米国矯正歯科学会)の会場に向かいます。
 カラカウア・アベニューをワイキキから15分くらい歩いたところに、ハワイコンベンションセンターがあります。2011年11月のAPEC首脳会議でも使われた有名な会議場です。



  
 総ガラス張りで天井が高く、開放的な構造で、ハワイの澄み切った空を眺めることができます。47の会議室の他に、ホールやシアターも完備しています。浜松のアクトシティのコンベンションセンターは内部施設は立派なのにデザインが暗く、閉鎖的でどこから入るのかよくわかりません。
 コンベンションセンターこそが街の顔であり、機能の中心となります。長期的視点を持って設計にあたらないとなりません。 



  
 なんとホールの中にもヤシの木がニョキニョキ生えています。こんなところで学会の勉強ができるなんて最高の気分です。エスカレータも非常にわかりやすい配置になっており、動線がシンプルになっています。 


  
 たくさんの日本の専門医の先生とお会いしました。私の顔を見ると、みなさんびっくりして、「お前はいったい何しに来たんだ?」
「もちろん!AAOに勉強しにきました!」
「本当か?すごいな~!」 

なぜ私がいるだけで驚くのか訳がわかりません。褒め言葉として受け取っておきます。


  
 隣接する広大なExhibition Hallでは機械・器材の展示会が行われていました。日進月歩の技術や情報をcatch upできるまたとない機会です。隅からから隅まで見に行きます。それにしても広いので、1周見て回るのに3時間もかかりました。



  



  


<
  


  



  



  

 今回はホノルルでの米国矯正歯科学会でしたが、米本土から離れていたこともあり、若いアジア系の参加者が多く見られました。彼らは、自分たちの未来を自分たちで切り開こうとする熱い情熱にみなぎったキラキラした目をしていました。
 日本人もかつてはそうでありました。努力もせずに、すぐに人の足を引っ張ったり、行政の規制やバラマキに頼ったり、自身で戦わずにトボケているのは全く恥ずかしいことだと思います。

  

 このような素晴らしい大会に参加できて、とてつもなく幸せを噛みしめています。手配してくれた日本、アメリカの会社の担当者様、引率してくれました研究会の皆様に心より御礼を申し上げます。

 


Posted by アースやまぐち歯科医院 at 14:53
この記事のリンク

7th WMIA Anual Congressに行ってきました!


  

 MIA(Micro Implant Anchorage)とはミニスクリューを用いて骨に固定を求める矯正治療法のことで、その世界大会がAAOにタイミングを合わせて、ここホノルルで開かれています。
 会場はなんとHyatt Regency Resort&Spaです。施設が大きすぎて、どこで開催されているのかさっぱりわからず、迷ってしまいました。


  

 ホテルが巨大過ぎて、会場がわからず、右往左往しました。


  



  

 私たちの師匠の慶北大学の景先生です。慶北大学は浜松医大と姉妹校で毎年交互に訪問しているそうです。



  



  

 矯正用スクリューアンカー研究会の代表の足立区の高橋先生。英語がとってもお上手でした。

  



  

 韓国の教授の先生。英語が驚くほど流暢でした。


  



  

 ワイキキの夕暮れは癒されます。



  



  

 サーフィンが生活の一部になっていました。


  



  

 オアフ島で一番行列ができていたのは、なんとあの丸亀うどんでした。
 ウチの近所にもあるあの丸亀うどんとは驚きでした。がんばってます。

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 23:48
この記事のリンク

韓国舌側矯正学会に参加しました!


  ソウルは快晴です。 街全体が風水に基づいて作られているので、パワースポットにいるようにエネルギーがミナギッテきます。大変気分よく、会場の韓国カトリック大学マリアホールに向かいます。韓国カトリック大学は1855年創立の私立総合大学です。医学部と神学部を中心に発展し、3つのキャンパスに11000人の学生を要する伝統校です。
  
 
  

  
  ソウル聖母病院には、国際診療センターが設置され、ソウルで唯一、看護師資格を持った日本人職員が常駐する総合病院です。最新の医療機器とすべての診療科がそろっており、診療、入院、手術、検診に、最高の医療技術を提供していることで有名です。
  
 
  

  
  高速バスターミナルのすぐ近くにあるカトリック大学ソウル聖母病院は、江南(カンナム)地域で初の総合病院として1980年に誕生しました。39の診療科と専門医療サービスを行なう169の特殊クリニックからなる、韓国有数の総合病院です。そんなソウル聖母病院内には、韓国に居住する外国人、ならびに海外からの観光客が病気や怪我など健康上の問題を抱えた際に安心して受診できる国際診療センターがあります。 国際診療センターには、英語・韓国語・ロシア語(ロシア人医師)ができる医師のほか、英語での対話が可能な看護婦、そして日本語・英語・中国語の通訳コーディネーターが勤務。日本国大使館ホームページでも「日本語が通じる医療機関」として紹介されています。
  
 
  

  
  ソウル聖母病院は地下鉄3・7・9号線高速バスターミナル駅から徒歩3分。多くの診察科が入ったメインとなる建物は新館で、地上22階、地下6階建て、病床数1,200と、単一病棟としては韓国最大規模を誇ります。2009年3月に完成したばかりとあり、新しく高級感あふれる雰囲気。院内を移動することなく1カ所で人間ドックを受診できる生涯健康増進センター(4階)をはじめ、充実の医療環境を備えています。また、地下1階には銀行や生活用品を取り揃えたコンビニのほか、パン屋、フードコート、日本料理・韓国料理が食べられる食堂、おにぎり専門店など便利な施設も揃っています。
  
 
  

  
  すしがパックに入ってたくさん売っていました。マヨネーズべっとり!
  
 
  

  
  病院でこんな立派な熱帯魚の水槽を見たの始めてです。子供さんたちは大喜びしていました。
  
 
  

  
  とにかくホスピタリティあふれる雰囲気で、日本の病院より一段上という感じです。メッセージカードがあふれています。
  
 
  

  
  さあ!いよいよマリアホールに入ります。
  
 
  

  
  実際にコンサートも開催しているという立派なホールです。日本からも多くの参加者が出席していました。
  
 
  

  
  毎年ご指導いただいている延世大学の錚々たる先生が次々と登壇します。
  
   延世大学のリ・キジョン教授の発表はエレガントでした。もちろんミニスクリューを使用します。私の顔を見てニヤリとしてくれました。
  
 
  

  
 いつもお世話になっているDENTOS社のスタッフさん。名刺にはキョンさんと書いてありましたが、キョン先生のお嬢さんですか?誰か教えてください。
  
 
  

  
 毎年ご指導いただいている、慶北大学のキョン先生はいつも日本語で講義してくれます。韓国語の講演は始めて聞きましたが、心に染み込むようなお話で、とても感銘を受けました。こんなすばらしい学会に出席できたのも、いつもご支援いただいている皆様のお蔭様です。多くの知見を深めることができました。来て良かったです。準備関係者各位に心より感謝いたします。
  
 
  

  
 帰りには隣の巨大施設の見学に行きました。
高速バスでの国内旅行が一般的な韓国で、首都ソウルと全国各地方を結ぶ高速バスの発着駅となっているのが、ここ江南(カンナム)に位置する高速バスターミナルです。早朝から深夜までひっきりなしにバスが発着を繰り返していて、多くの人でごった返しています。セントラルシティや江南ターミナル地下ショッピングセンターなどの巨大ショッピングスポットが隣接していて、まるでハブ空港のようなパワーです。

  
 
  

  
 高速バスターミナルは、地下鉄3・7・9号線高速ターミナル(コソットミノル、Express Bus Terminal)駅を挟んで東に「京釜線(キョンブソン)・嶺東線(ヨンドンソン)ターミナル」、西に「湖南線(ホナムソン)ターミナル」の2棟に分かれています。朝6時台から深夜2時近くまでバスが発着しています。 

  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 20:03
この記事のリンク

韓国矯正学会に参加しました! (1)羽田からの出発編

 今日も浜松市にありますやまぐち歯科を通じて、すばらしいクライアントの皆様と掛け替えの無い時間を過ごさせていただきました。2011年11月にソウルで開催された韓国矯正学会の様子をご報告させていただきます。

 あっという間の浜松から1時間10分で品川駅に到着です。

resize0861.jpg  
 夕刻の京浜急yamaguchi 行 品川駅は、帰宅を急ぐ通勤者でごった返しています。 この雑踏の中にスーツケースを抱えて海外出張に行く、ビジネスマンの姿がチラホラ見えます。
 こんな都心に本当に国際空港があるのか? 今でも信じられない! 新幹線品川駅に降り立って、これから、たった4時間後にはソウルの雑踏に紛れているのでしょうか? しかし、羽田空港までの切符代400円はちょっと高いです。

  


resize0864.jpg  わずか17分で到着。 駅を降りるとそこは国際線ターミナルです。 エレベーターも大型の物が4台あり、極めて快適です。 手狭な品川駅も改修されると、空港競争力がUPしますので、今後に期待したいです。
  

resize0821.jpg  わずかに照明を暗くして、落ち着いた感じにしているところが、利用者をとても癒してくれます。
 


resize0833.jpg  
国際線ターミナルは、開業1周年なのですが、すでに手狭になり、2014年の開業を目指して、増築工事に入るとのことです。新たな発展に楽しみが増えました。

  


resize0824.jpg
 カウンターの列には頭のキレそう韓国人ビジネスマンがスーツ姿で並んでいました。日本人はいかにも観光に行く雰囲気のお母さん方ばかりでした。チェックインはすぐに終わりましたので空港を見学に行きましょう!
  


resize0830.jpg
 出発ゲートもすぐそばにあるので、とても機能的です。
 
 
resize0845.jpg
 すぐ目の前にA滑走路が見えます。その向こうには国内線第1ターミナルがあります。
  


resize0844.jpg  
 国際線ビルは現在の第1・第2ターミナルより都心(大田区蒲田)側に位置し、京急線と東京モノレールの駅がそれぞれ設置されているため、都心からのアクセスは抜群です。
 浜松からも1時間30分で到着します。中部空港までも最短1時間10分かかるので、時間的にはさほど変わりません。
 5階建てのビルは2階が到着階、吹き抜けロビーの3階が出発階となり、4・5階には「メイド・イン・ジャパン 羽田オンリーワン」をテーマにした105店の飲食・物販店が集結しています。4階が江戸の街並みを再現した通りに名店が並ぶ「江戸小路」ゾーン、5階が空港初のプラネタリウム・カフェなどが入る「TOKYO POP TOWN」ゾーンに分かれ、飛行機を利用しない人でも食事や買い物が楽しめるのも魅力となっています。さらに、出国審査後のエリアには国内の空港初出店の海外ブランドが集まり、DFSを含む31店が入居。PCブースやシャワー、仮眠も取れるソファ席を備えた24時間営業のラウンジもあり、ビジネスユースでも申し分ありません
。   
  


resize0876.jpg   空港と港湾は国の基幹となる生命線です。24時間運営、利便性、アクセスの快適さ、着陸料の提言は国家の威信をかけて必死で行うべき事業です。所管の大臣は国会議員ではなく、全身全霊をかけて空港整備を手がけてくれる人材にお願いすべきではないでしょうか?
 早期に5本6本目の滑走路建設に着手し、北東アジアのハブ空港を目指さなければ日本の繁栄は遠のくばかりです。横田空域返還とともに世界から、ヒト、モノ、カネを呼び込む起爆剤としなければ、日本を通り過ぎて他のアジア諸国を向かってしまいます。

  


resize0868.jpg
  


resize0872.jpg
  


resize0877.jpg
  


resize0880.jpg

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 20:59
この記事のリンク

Parisの学会に行ってきました!(北駅編)


  

resize0402.jpg

  

やっと北駅に到着です。
乗降客がとても多く、新宿駅のような活気です。

パリ北駅(ガール・デュ・ノール、仏:Gare du Nord)は、パリ市10区にあるフランス国鉄の主要ターミナル駅の一つで多くの列車が乗り入れています。
★国際列車
ユーロスター : ロンドン行
タリス : ブリュッセル、アムステルダム、ケルン行
夜行列車 : ハンブルク、ベルリン行
★フランス国鉄(幹線)
TGV : リール、ダンケルク、アラス、カレーなどフランス北部方面行
CorailおよびTER : ピカルディー地域圏、ノール=パ・ド・カレー地域圏方面行
★RER
B線 : シャルル・ド・ゴール空港方面行など。D線 : フランス国鉄の運行
また地下にはメトロ4号線、5号線の駅があります。


  

resize0403.jpg

  

resize0407.jpg

  

resize0406.jpg

  

TGVも初
地上ホームの南端に接して1865年に完成した駅舎があります。
この駅舎はとっても雰囲気があります。
これはジャック・イトルフの設計によるもので、正面にはパリおよびの沿線の諸都市を象徴する23の女神像があります。
駅舎内には切符売り場や案内所のほか、レストラン、カフェ、郵便局、警察署なども設置されています。

  

resize0401.jpg

  

TGVも初めて見ました!
TGV(テジェヴェ、仏語)は、フランス国鉄 (SNCF) が運行する高速鉄道のことです。「高速列車」を意味する 《Train à Grande Vitesse》の略(trainは列車、grandeは大きい、vitesseは速度を意味する)。日本の新幹線の営業最高速度を初めて塗り替えたことで世界の注目を集めました。

  

resize0400.jpg

  

魅力的な列車が次々入ってきます。どれも乗ってみたいです。
  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 21:17
この記事のリンク

Parisの学会に行ってきました!(シャルルドゴール空港編)


  
resize0397.jpg
  
ロワシー=シャルル・ド・ゴール国際空港 (Aéroport Roissy-Charles-de-Gaulle) は、パリ市街の北北東約23kmのロワシー=アン=フランス(Roissy-en-France)に位置しています。通称では地名を取って「ロワシー」と呼ばれることもあります。
この空港は4本の滑走路と3棟のターミナルを擁する、ロンドン・ヒースロー空港に次ぎヨーロッパ第2、世界でも6番目の利用旅客数(5992万人)を記録する重要な航空交通拠点のひとつです。
サムスンの広告攻勢がすごいです。
  
resize0398.jpg
  
今度はRER乗り場に到着しました。 RER(エール・ウ・エール)は、Réseau express régionalの略語であり、日本語では「地域急行鉄道網」や「高速郊外鉄道」と訳されるフランス語圏の公共鉄道網のことです。大都市とその近郊を結ぶ路線でベルギーにも建設中とのことです。
  
resize0399.jpg
  
B3線に乗って、北駅を目指します。 途中、治安の悪い地区を通るので、怖くて仕方ありません。間違えて各駅停車に乗ってしまったので、地元の人がたくさん乗り込んできます。フランスはこんなにもたくさんのアフリカ系の住民がいるのですね。他の乗客が皆強盗に見えます。

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 20:33
この記事のリンク

Parisの学会に行ってきました!(ヘルシンキ編)


  
resize0395.jpg
  
ヘルシンキ空港に到着しました。首都ヘルシンキの北15kmにあります。フィンランド最大の空港であり、北欧のみならず、欧州全体へ向けた便のハブ空港として整備されています。また、北東アジアと欧州を結ぶ最短飛行距離の空港であるため、毎年多くの日本人やアジア人観光客が利用しています。
  
resize0393.jpg
  
北欧人は体が大きいです。空港もなんとなく余裕を持って作られている気がします。麺やパスタが15ユーロ以上します。物価が高いです。断念。
  
resize0394.jpg
  
空港の構造が分かりにくいので、迷ってしまいました。乗り継ぎゲートが分かりません。
  
resize0396.jpg
  
入国審査がとても慎重にゆっくりです。国民性でしょうか?適当なイタリアやスペインと違って長蛇の列です。何とか、パリ行の便に搭乗できそうです。
  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 04:53
この記事のリンク

Parisの学会に行ってきました!(出発編)


今日もここで私に会いに来て下さっているあなたに感謝します。
いつもとびきり元気な山口です。近況をご報告させていただきます。
先日、パリの歯科大学の見学に行って参りました。
 
浜松 痛くない インプラント 歯科
  

resize0388.jpg

  

2時間バスに揺られて、やっとセントレア空港に到着しました。さすが地元の遠州鉄道。わずか3千円で空港まで運んでくれます。
空港の入り口には、浜松祭りのまつり凧がデコレーションしてありました。
中田島も良いけど、知多半島でもよく似合います。

  

resize0387.jpg

  

さあ、チェックインを済まして、空港を見学します。本当に良い空港だと思います。
ぜひ2本目の滑走路の工事も早期着工して、LCC(簡略航空会社)が多数就航するようになってさらなる飛躍を目指してもらいたいです。

  

resize0389.jpg

  

空港は国の経済発展の要ですから、100年後をしっかり見据えて、中国やタイ、シンガポールに負けないようにしっかり整備していただきたいです。それではにっこり笑顔で行ってまいります。

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 23:15
この記事のリンク

中国で中国語の研修を受けてきました!

resize1510.jpg   みなさん! あけまして おめでとうございます! インプラントの浜松やまぐち歯科の山口です。 今年は最高の年になる予感がして、 新年早々ワクワクした気持ちが抑え切れません。 お正月休みを利用して、 上海から高速道路に乗って、杭州に行って参りました! 何と片道4車線合計8車線の素晴らしい高速道路が運用されていました!          
  
  
resize1512.jpg 研修会場になった杭州のホテルです。 杭州市(こうしゅうし)は人口700万人で、 中国浙江省の省都です。 中国八大古都の一であり、国家歴史文化名城に指定されています。
隋代以降、江南運河の終着点として経済文化が発達し、 「天に天堂あり、地に蘇杭あり」と謳われました。 また、五代十国の時代、呉越国の都でした。
  
  
resize1505.jpg
私のインストラクターとなってくれたのはこんなに素敵な学生さんでした! 学校で第2外国語として日本語を専攻したそうです。 とってもきれいに日本語を操ります。
  
  
resize1506.jpg 食事は現地の食堂へ行きます。 気に入ったのは「牛肉かけご飯」 とってもおいしいです。 もっちりしたお米とうまみの詰まったおダシのバランスが最高です。 何と150円です!
  
  
resize1509.jpg 自由時間には西湖にいきました。 西湖(せいこ)は中国で最も人気のある観光スポットの1つで、 湖がきれいに見渡せるマンションは1億円以上で販売されているそうです。
  
  
resize1508.jpg 今回驚いたのは、 中国の女の子たちがたくさん矯正歯科治療をしていたことです。 道を歩いている女子学生さんの口元をみると矯正装置の入っているお嬢さんが何と多いことか! 文化でも中国に追い抜かれつつあるようです。 日本の歯科界ももっとガンバらないといけません!

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 10:42
この記事のリンク

韓国の経済発展を目の当たりにしてきました!!

resize1488.jpg
よみがえった清渓川(チョンゲチョン)に行ってきました。

清渓川は明洞からインサドン方向に歩いて10分くらいのところにあります。 

朝鮮戦争当時はスラムになってしまい、その後は都市高速が走っていました。 

高速道路を撤去し、22本の橋をかけ、川沿いに150万本もの木を植える決断をしたのは当時市長だった、
李明博大統領でした。

現在では市民の憩いの場となり、新しい観光名所として、経済波及効果は1兆6千億円以上になるとのことです。
 


resize1318.jpg
周りにはおしゃれな店が立ちん並ぶようになり、
夜はカップルが愛を語り合っています。
 
おいしそうな料理屋がたくさんあります。 
  
  

resize1317.jpg
インサドンには明かりを煌々と燈した屋台がたくさん並んでいました。

  
  


resize1319.jpg
あちこちで、高層ビルの建築ラッシュです。

  
  

resize1323.jpg
年々加速する韓国の経済発展に大変驚きました。
とても刺激と気づきがあり、多くの収穫に恵まれた韓国研修でした。
 
 
引率していただいた保田先生、高橋先生そして松風矯正課の皆さまありがとうございました。

  
  


resize1294.jpg
いつもこの看板のせいで、アシアナ航空に乗ってしまします。韓国企業は本当にアピールがうまいです。JALもこのように路線変更して、広告戦略を見直すべきだと思います。
  
  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 23:17
この記事のリンク

韓国の学会に参加してきました!!!

resize1486.jpg
ミョンドンの地下にあるこのワッフル屋さんがとても気になるのです。

焼き立ての生地にハチミツをたっぷり塗って売っています。

 バニラとチョコとストロベリーがあるらしいですが、バニラが一番おいしいそうです。

  
  

resize1453.jpg
とっても甘く良いにおいで、いつも行列ができています。

このお店に来ると、京城にいるんだな~と感慨にふけります。

  
  

resize1489.jpg
昼のロッテデパート。よく賑わっています。

  
  

resize1490.jpg
夜のロッテデパート。ますます、もっと賑わっています。

  
  


resize1492.jpg
歩いてすぐの南大門市場です。
ソウル市内にある四大門の一つ『崇礼門(南大門)』を起点に、
四方およそ200~500mの中に大小約1万店以上が立ち並んでいます。
日用品や食料品、衣料品が中心となっており、買物客で常に賑わいを見せています。

  
  

resize1493.jpg
今日の崇礼門です。
2008年2月10日20時50分ごろ、火災が発生し、
石材部分を除く木造楼閣部分の大部分が焼失、崩壊してしまいました。
現在再建中です。


  
  

resize1346.jpg
朝5時におきて、KTX (Korea Train eXpress)に乗って、東大邱駅に向かって出発します。
KTX は、韓国の高速鉄道システムです。
フランスのTGVの技術を導入しており、最高営業速度は300km/hです。

  
  

resize1349.jpg
2時間で東大邱駅に到着です。
大邱市は事実上の韓国第三位の都市です。
朝鮮戦争の激戦地だったそうです。
読売巨人軍の李承燁(イ・スンヨプ)選手の故郷でもあります。


  
  

resize1395.jpg
国立慶北大学校(キョンブクだいがっこう)に到着しました。
東仁洞キャンパスです。

  
  


resize1393.jpg
歯科大学は日本のどこよりも、立派で、最新式の診療器具がそろえられています。

  
  


resize1387.jpg
きょうせい科のキョン教授の熱血講義が始まりました!
今や世界のキョン教授です。

先生は英語、日本語、韓国語に堪能です。
韓国の学生さんも皆さん、英語が流暢でした。
私も、ディスカッションできるようにますます頑張ろうと思います。

  
  


resize1286.jpg
ミニスクリューを実際に打ち込んでいます。
デモを見学できたので、器具を操作する手つきや術式をたくさん盗むことができました。大収穫です。


  
  


resize1243.jpg
お昼はいつもの専門店でサムゲタンです。
若鶏から内臓を出してきれいにし、そこに高麗人参と洗ったもち米、さらに干しナツメ、栗、松の実、ニンニクなど薬膳料理の食材としてよく知られたものを詰めた後、水に入れて2~3時間じっくり煮込む料理です。
ひとり1羽ずつ、熱々のスープに入れてトゥッペギ(小さい土鍋)で食べます。


  
  

resize1267.jpg
MIR歯科病院も見学させていただきました。
ここも、わたしが理想とする歯科医院のひとつです。
年々、来るたびに、コンセプトが進化しているところが素晴らしいです。

  
  

resize1258.jpg
韓国でも超一流の歯科医が集まっています。

  
  


resize1266.jpg
歯科医院なのにカフェもあります。
大阪の藤田先生と。


  
  

resize1263.jpg
それぞれの階に受け付けがあり、すべて雰囲気や趣向を別々にしています。

  
  

resize1269.jpg
キョン教授からサティフィケート(修了証書)を授与されました。

  
  

resize1308.jpg
とってもお話のおもしろい、宮崎のたんぽぽ歯科の先生と!
「次回、新田原に行く時は、ぜひ立ち寄りますね!」


  
  

resize1303.jpg
いつもラブラブでとってもうらやましい、宮崎の峯田先生ご夫妻。
息子さんは大歯のアイスホッケー部に在籍中です。
「頑張ってください!」

  
  

resize1304.jpg

今回のテーマであった、
「きょうせい用のミニスクリュー」は
日本人が考案し、
実用化し、日本製(スター精密)の工作機械で製作されているのにもかかわらず、
日本での普及にはたくさんの法的な障壁があります。

 

いつの日か、日本でも国民のために、迅速に医療技術を提供できるシステムに改善されることを願ってやみません。
「キョン先生! ありがとうございました!」


  
  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 23:58
この記事のリンク

★韓国の歯科医院 Ye歯科に行ってきました!

resize1330.jpg
お休みを頂いてありがとうございます。
中部空港セントレアに来ています。

今日は最高の飛行日和です。
フライトが楽しみです。
搭乗まで時間があるので、
ちょうちん横丁を見学します。
平日のためか人影が少なく、ちょっと寂しいです。

いつも立ち寄る両替所のお姉さんによると、
「午前中は混雑しますが、午後はガラガラです!」
というお話でした。




resize1331.jpg
空弁がとってもおいしそうでした!
でも機内食がでるからどうしようかな?

機内食はきっといつものいなり寿司かな?


 
  

resize1441.jpg
やっぱりいなり寿司でした!

これが冷たいのです。
いつもキンキンに冷えています。



resize1442.jpg
あっという間の2時間少しで仁川空港に到着しました!


 
  


resize1405.jpg
ホテルはイビスアンバサダーホテル!
ロッテデパートの真ん前の立地が最高のビジネスホテルです。
 


 
  

resize1406.jpg
京城の中心地、
ミョンドンは活気に溢れていました!しかし寒い!寒い!
特にハゲ頭が寒いです。
 


 
  

resize1447.jpg
ちょうどいいところに帽子屋さんが!
かわいいお姉さんが店番をしていましたので、思わず買ってしまいました!
1000円ちょっとでしたが「なんか高いナー?
ぼられたのでしょうか?」


 
  

resize1437.jpg
おもしろい看板がありました!マシサーヅ!

 
  

resize1454.jpg
ミョンドンの朝は活気溢れています!
最高の秋晴れです!


 
  

resize1456.jpg
地下鉄に乗って「三角地」にやってきました!

 
  

IMG_1809.jpg
平和記念博物館を見学しました!  
立派で慈しみ深く、荘厳な施設でした。
  
どうして日本ではできないのでしょうか?


 
  

resize1458.jpg
1592~1598年の「文禄・慶長の役」のときに
豊臣秀吉と戦った、朝鮮水軍の船



 
  

resize1415.jpg
最近地下鉄の乗り方が変わりました!
電子カードのデポジット制なのです。
後で返してくれます。


resize1467.jpg
これが
「漢江の奇跡」と称えられた雄大な川「漢江」です。
橋はライトアップされています。

遠くにサンシャイン60より高い、
60階建ての大韓生命ビルが金色に輝いて見えます。


 
  


resize1468.jpg
さていよいよYe歯科に向かいます。

地下鉄でチョンダムという街を目指します。

チョンダムは高級ホテルやおしゃれな美容室、ブライダルショップ、美容外科などが集まっている流行の発信基地のエリアです。


 
  

resize1421.jpg
14番出口まで歩いて行きます。胸が高まります!

 
  


resize1474.jpg
地下鉄から地上に出ると、ヒュンダイ自動車の営業所がありました。

 
  


resize1473.jpg
その真ん前には浜松出身の「HONDA」の営業所がありました。
健闘を祈ります!

 
  
    

 
resize1477.jpg
てくてく歩いて行くと、
「あったこれがYe歯科だ!」


 
  

resize1479.jpg
やっぱり凄い歯科医院です。というかビル!
軍隊上がりの警備員やボディガードが5人ぐらいで正面を仕切っています。
欧州の高級車が次々と吸い込まれていきます。


 
  

resize1481.jpg
夢にまで見た、
Ye歯科に来ることができて最高に幸せを感じることができた1日となりました。 

Ye歯科の素晴らしいコンセプトについては
会員様情報誌「アース★ニュース」
に特集しています。
そちらもお楽しみください。


 
  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 20:49
この記事のリンク

上海の研究会に参加してきました!!

みなさん ターチャハオ~!
浜松 歯科 歯医者 の山口です!
今日もゴキゲンでハッスルした1日を過ごしております。
今回は上海の研究会に参加してきました。
  
  

resize0618.jpg
いよいよセントレアから離陸です!機内食を食べると、ますますやる気がみなぎります!


  
  

resize0619.jpg
上海 浦東国際空港に到着です。近い!あっという間に着陸です。

Pudong 空港は全長4,000メートル、幅60メートルのオープンパラレル滑走路3本を有する24時間全天候型国際空港です。素晴らしい空港です。

あと2本の滑走路やターミナルの完成を2015年に控え、工事が盛んに行われていました。
とっても広い飛行場で、なかなかターミナルに到着しません。

  
  

resize0620.jpg
空港内は上海万博の広告が、ぎっしりそこら中に設置してあります。

  
  


resize0623.jpg
バスで大きな橋を通る時にガイドさんが説明してくれました。
「ココが、万博の会場になります!」
  
  


resize0668.jpg
広大な工事現場の真ん中に中国館が見えました。
その形は東京・有明のビックサイトそっくりです。

  
  

resize0606.jpg
会場のワシントンホテルに到着です。
スタッフの皆さんは日本語ができるし、とっても親切で、なおかつとっても料金が良心的な素晴らしいホテルです。

  
  

resize0636.jpg
休憩時間にガイドさんが上海が初めての私のために、豫園まで案内してくれました。
豫園(よえん)は中華人民共和国上海市黄浦区安仁街に位置する明の時代の庭園です。

装飾や様式は伝統的(中華-上海的)でありつつ、周辺は中華的な高層な建築物が並んでおり、観光地としてとてもにぎわっています。

  
  

resize0629.jpg
万博の公式マスコットキャラクター、海宝(ハイバオ)くんと記念撮影。
街中に海宝くんがいっぱいいます。

resize0644.jpg
発展する上海のランドマークの高層ビル街の浦東(Pŭdōng)が遠くに見えます。

  
  

kaiten.jpg
ガイドさんが「美味しいお茶を飲みに行きましょう!」というので、ついて行きました。
そこはなんと日本人観光客向けのおみやげ屋さんでした。
「アイヤー!しまった!」もう後の祭りです。
何か買うまで絶対帰してくれません。ここはやっぱり中国です。やられました。高い授業料になりました。
みなさん!外国では怪しい日本語を話す、現地の人にはついていってはいけません!

  
  


resize0667.jpg
その後です。またまた事件は起きました。タクシーに乗ろうとしたのですが、私たちと同行している中国人の劉さんは、平気で列の間に割り込むのです。「おいおい いいのかなぁ?」と思いましたが、「いいから!」というので様子をみることにしました。


割り込んだところは15人くらいの日本人の大学生くらいのグループでした。グループが分断されて女の子はモジモジしているだけ、男の子は小声でブツブツ言っているだけで中国人に面と向かって文句が言えません。15対1なのにです。
態度で不愉快さをわかってくれというサインを送っています。行動が極めて日本的です。



そこへ颯爽と登場したのが韓国人の若者のグループです。
リーダー格の貫禄のある青年が臆することなく、明瞭で流暢な英語で
「おまえ!横はいりするなよ!俺たちはちゃんと並んで待っているんだ!一番後ろへ行け!」
と言って毅然と中国人にもの申したのです。



相手が文句を言っても自分の権利を拡大する中国人。
はっきりモノが言えない。やられ放しの日本人。
しっかりと大声で自分たちの主張をする英語の達者な韓国人。

国際社会でのそれぞれの国民性がわかって、おもしろかったです。


  
  

resize0633.jpg
外灘(Wàitān)から見た浦東新区の夜景。
発展する中国を象徴する光景です。この世のものとは思えないほど綺麗です。



  

resize0628.jpg
交通渋滞と排気ガスがひどいです。大型トラックがビュンビュンと走っています。
中国では年間に10万人以上の人々が交通事故で亡くなるそうです。



  

resize0650.jpg
上海でどこにでもあるのが、牛肉でダシを取った麺です。
  

resize0651.jpg
そうめんを太くしたような食感です。


  

resize0649.jpg
外灘(Wàitān)の夜景。万博に向けて、公園の整備工事が盛んに行われていました。


  

resize0656.jpg
街にはスズキのスイフトが走ってました!「鈴木」と書いてありました。


  


resize0664.jpg
夜の自由時間には焼きパオツの有名な店に行きました。すごい行列です。

  


resize0669.jpg
生煎饅頭(シェンチェンマントウ)は、挽き肉の具を小麦粉の皮で包み、鉄板で蒸し焼きにした包子。上海発祥です。



  

resize0670.jpg
小籠包のように噛むと包子の中からスープがあふれ出る点が生煎饅頭の特徴です。肉汁スープの味わいに加え、焦げ目が香ばしくカリッとした感触がとってもおいしいです。


  

resize0687.jpg
中国では困ったことがありました。
道路を渡ることができないのです。車やバイク優先なんです。歩行者優先の日本では考えられません。


  

resize0681.jpg

resize0683.jpg

resize0742.jpg


上海の地下鉄の路線網はとってもしっかり整備されています。
駅もピカピカ!
マナーも先進国とかわりません!


  


resize0685.jpg
日本の森ビルが建設した上海ワールドフィナンシャルセンター(上海環球金融中心)からみた東方明珠電視塔(とうほうめいじゅ-でんしとう)。
高すぎて足がすくみます。
地下鉄二号線陸家嘴駅から徒歩5分 のところにあります。


  

resize0689.jpg
朝、散歩をしていると小学校がありました。日本では子供だけで登校しますが、中国では親が送ってくるようです。すごい騒ぎです。


  


  

resize0691.jpg
みなさん、朝ご飯は外で食べるようです。クレープのようなものを焼いていました。
何だかわかりませんが、食べてみたかったです。


  


resize0693.jpg
アパートには一斉に物干しに洗濯ものが干してあります。中華圏ではこの干し方はどこでも同じですね。



  

resize0696.jpg
警察署の前を通りかかりました。
白バイがありました。YAMAHAです。
浜松人としては鼻が高いです。



  

resize0697.jpg
こちらの白バイはSUZUKIでした。


  

resize0715.jpg
 

resize0766.jpg
ここの小籠包は絶品です。アツアツでじわっとダシのきいたお汁が口中に広がります。


  

resize0718.jpg
現地の歯医者さんを見学させて頂きました。設備は日本とかわりません。


  

resize0730.jpg


resize0677.jpg
上海の中心繁華街になっている南京路 (Nánjīng Lù )です。
東京の銀座のように華やかです。
南京路は上海市中部を東西に走っていて、東部に当たる南京東路は黄浦区を外灘から上海人民公園まで走っており、西部に当たる南京西路は人民公園から静安区へ続いています。
物売りがとっても多かったです。


  

resize0755.jpg

resize0756.jpg
刀削麺(とうしょうめん Dāoxiāomiàn )のお店です。
小麦粉を水で練った生地の塊を持って湯の沸いた鍋の前に立ち、くの字型に曲がった包丁を用いて生地を麺状に削り落として直接鍋の中に入れ、茹でて作るります。

曲がった包丁で削るため麺に薄いところと厚いところができ、それが独特の食感を生み出します。


  


resize0774.jpg


さすが、中国4000年の歴史!おいしかったです!
たっぷり仕込みができました!
サイチェン!


  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 19:04
この記事のリンク

ソウルでの学会!今年初参加!

皆さん!アンヌンハセヨ~! 浜松市 歯科 歯医者 山口芳照です。
今年も1月からエネルギー全開です!
新春早々、韓国での学会に参加してきました!




P1020287小.jpg
セントレアの韓国行きのカウンターは長い行列で、熱気がムンムンしています。




P1020296小.jpg
大韓航空の機内食はお寿司でした。座席はもちろん満席!




P1020299小.jpg
あっという間に仁川空港に到着!




P1020305小.jpg
外貨交換のカウンターではたくさんの日本人のご婦人達が50万円、100万円とポンポン両替して、札束をその場で数えていました。
どこが不況なのでしょうか?
それにしても無警戒です。
犯罪に遭遇しないことを祈念いたします。





P1020310小.jpg
明洞に到着しいました。
ロッテデパートの地下ではキムチが山盛りです。





P1020334小.jpg
研究会が終わった後には
芸術系学部がとても有名な弘益大学がある弘大(ホンデ)地区にやって来ました。





P1020340小.jpg
「本気の朝礼」で有名になった、居酒屋「てっぺん」さんのソウル店に視察にお邪魔しました。
居酒屋「てっぺん」は道場師範、大嶋啓介さんが設立した独立道場です!


大嶋 啓介さん
1974年1月、三重県桑名市生まれ。今、飲食業界で最も注目を集めている居酒屋「てっぺん」の創業者。“飲食業界の風雲児”と言われている。てっぺん独自の「公開朝礼」がテレビや雑誌で数多く取り上げられ、大きな話題となる。今では韓国や台湾など海外からも含め、年間約1万人もの人々が「てっぺん」の朝礼を見学に訪れる。





P1020367小.jpg
お店は元気いっぱいで、韓国の若者で満席です。





P1020365小.jpg
「夢を大切にする生き方」「仲間を大切にする生き方」……
店名には、居酒屋「てっぺん」の創業者大嶋 啓介さんの天国の父親に一番近い「てっぺん」で自分の成長した姿を見てもらいたいという思いが込められているそうです。





P1020382小.jpg
塀に絵が描かれていたりと、街全体にアートな香りが漂うエリアです。
芸術家を志す若者が集まる美術スクール通りなどがあり、フリマやバンド演奏などが行われ、深夜まで賑わっています。




P1020390小.jpg
韓国のポカリスエット!




P1020391小.jpg
街中の看板にはキムヨナちゃんが登場しています。





P1020393小.jpg
ミョンドンの地下街では何かを焼いて売っていました。
何だかわかりません。




P1020410小.jpg
韓国の白バイ。
ダイウなんとかというメーカーですが聞いたこともありません。





P1020421小.jpg
朝食は朝5時に起きて、いつもお世話になっている食堂へ。
お母さんにカメラを向けると
「きゃー!恥ずかしい!」と言われてしまいました。
お粥がおいしいです。





P1020423小.jpg
朝の南大門市場の食堂街です。もう営業しています。





P1020424小.jpg
崇礼門(すうれいもん)は、2008年2月の放火により、石造の門を除いた木造楼閣の大部分を焼失してしまいました。
とても驚きました。
再建工事をしているようです。
あの雄姿が見られないのは残念でした。




P1020437小.jpg
韓国のショッピングモールです。




P1020432小.jpg
車も売っていました。日本の車と互角のレベルです。




P1020441小.jpg
韓国の歯医者さん。
設備は日本と同格か、もしかすると追い抜かれているかも?




P1020475小.jpg
最後にいつも連れて行かれるのがここです。
金浦空港のそばのおみやげ物屋さんです。
テーブルに強制的に座らさせられ、全種類のキムチを食べさせられ、トウモロコシのお茶を飲まされます。何も買わないと「キー!」と怒られます。
このお店はあまりおいしくありません。
ソウルの街にある普通のスーパーにある食品の方が安くておいしいので、そちらで買いましょう!

これから日本に帰ります!
皆さん さよなら
アンニョンヒケセヨ!

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 20:30
この記事のリンク

最近の投稿

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱カテゴリ

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

月別情熱日記

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱日記を検索

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のフリーダイヤル 0120-6480-53 定期検診予約専用 0120-39-8020

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のメルマガ登録

情熱日記中の人

愛と情熱の歯科医
山口芳照

静岡県立浜松北高、歯科界のフロントランナー東京歯科大学を平成3年に卒業後、平成4年銀座の超カリスマデンティスト小嶋寿先生に師事。その後平成5年にやまぐち歯科医院を立ち上げ、歯科医療相談、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、お子様の矯正歯科を得意分野として地域一番医院を創り上げる。

歯科医師として多忙の傍ら、バイオ機器メーカー「東亜自然化学」代表取締役社長に就任。また大阪の大学研究室にも所属し、基礎の視点からも歯科医学を探究している。

「自分がクライアント・患者さまだったなら受けたい歯科医療を提供する」を信条とし、痛くなく、清潔で安心の歯科サービスを提供するため、日夜、格闘している。

年齢40歳+α、浜松市佐藤町生まれ。動物占いは狼。血液型AB。尊敬する人物・アンソニーロビンズ。

静岡県浜松市の歯医者さん
やまぐち歯科医院ホームページ

東浜松インプラントガイド
きょうせい歯科★解説サイト
モバイル携帯公式サイト

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のSyndicate RSS2.0

個人情報について

当ブログに掲載したお写真、または個人情報は、事前にご了解を頂戴しております。