浜松市の歯医者、やまぐち歯科の情熱日記

Hawaiiアーカイブ

AAOに行ってきました!(帰国編)


  

 さあ!いよいよ日本に帰ります。
やっぱり日本はいいな。日本が恋しいな。ホノルルの空港には断然、日の丸がよく似合います。



  

 空港はどこか南国風で、のんびりしています。


  

 巨人、中日などで38年間ユニフォームを着て活躍した元プロ野球選手のウォリー・カナメ・ヨナミネさんの記念展示がありました。背番号37!良く覚えています。2011年の2月28日にホノルルの地で永眠されたとのことです。とても懐かしかったです。



  

 飛行機からダイヤモンドヘッドが見えます。お見送りをしているようです。



  

 アラモアナショッピングセンターがはっきり見えました。



  

 周りは赤ちゃん連ればかりでとても賑やかで最高でした。


 


 
 
 仁川での乗り継ぎでは文化センターの脇のエスカレーターから、搭乗口方面に合流できます。



  

 平日というのに、仁川はとても混雑しています。トランジット客の取り込みに成功しているようです。閑散としていた成田とは活気が違います。



  

 空港が騒然としはじめました。なんと歴史行列が空港内を練り歩いているのです。あっという間に観光客が取り囲みます。経済発展と日本とのハブ空港競争に勝つためにここまでするのか!すごい!



 
 
 ただで歴史ショーが見ることができて大変得した気分です。振り返って日本は経済成長しなかったら、税収も増えないし、借金も返せないし、社会保障も福祉政策も産業政策も打てないのです。
 成田空港でチンドン屋さんを徘徊させるくらいの必死さで劣勢を挽回しなければなりません。大きな気づきを得ることができました。



  

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 15:47
この記事のリンク

AAOに行ってきました!会場編


  
 日本の皆さ~ん!ALOHA~!
今朝は早朝5時にぴょんと起きて、Ala Moana公園をジョギングです。
暑くもなく、寒くもなく、マイナスイオンたっぷりの空気を吸い込んで走る、この爽快感!



  
 
 いたる所に虹がかかり、そこらじゅう虹だらけです。まさにレインボー!ハワイ州のナンバープレートにも虹が描かれています。


  

 恒例のマラソン大会が行われていました。
この環境ならばいくらでも走ることができそうです。
司会者がまたファンキーな方で、うまく皆を盛り上げます。日本でもお気楽な大会が毎週あるならきっと多くの市民が楽しめるでしょう。



  
  さて、いよいよAAO(米国矯正歯科学会)の会場に向かいます。
 カラカウア・アベニューをワイキキから15分くらい歩いたところに、ハワイコンベンションセンターがあります。2011年11月のAPEC首脳会議でも使われた有名な会議場です。



  
 総ガラス張りで天井が高く、開放的な構造で、ハワイの澄み切った空を眺めることができます。47の会議室の他に、ホールやシアターも完備しています。浜松のアクトシティのコンベンションセンターは内部施設は立派なのにデザインが暗く、閉鎖的でどこから入るのかよくわかりません。
 コンベンションセンターこそが街の顔であり、機能の中心となります。長期的視点を持って設計にあたらないとなりません。 



  
 なんとホールの中にもヤシの木がニョキニョキ生えています。こんなところで学会の勉強ができるなんて最高の気分です。エスカレータも非常にわかりやすい配置になっており、動線がシンプルになっています。 


  
 たくさんの日本の専門医の先生とお会いしました。私の顔を見ると、みなさんびっくりして、「お前はいったい何しに来たんだ?」
「もちろん!AAOに勉強しにきました!」
「本当か?すごいな~!」 

なぜ私がいるだけで驚くのか訳がわかりません。褒め言葉として受け取っておきます。


  
 隣接する広大なExhibition Hallでは機械・器材の展示会が行われていました。日進月歩の技術や情報をcatch upできるまたとない機会です。隅からから隅まで見に行きます。それにしても広いので、1周見て回るのに3時間もかかりました。



  



  


<
  


  



  



  

 今回はホノルルでの米国矯正歯科学会でしたが、米本土から離れていたこともあり、若いアジア系の参加者が多く見られました。彼らは、自分たちの未来を自分たちで切り開こうとする熱い情熱にみなぎったキラキラした目をしていました。
 日本人もかつてはそうでありました。努力もせずに、すぐに人の足を引っ張ったり、行政の規制やバラマキに頼ったり、自身で戦わずにトボケているのは全く恥ずかしいことだと思います。

  

 このような素晴らしい大会に参加できて、とてつもなく幸せを噛みしめています。手配してくれた日本、アメリカの会社の担当者様、引率してくれました研究会の皆様に心より御礼を申し上げます。

 


Posted by アースやまぐち歯科医院 at 14:53
この記事のリンク

7th WMIA Anual Congressに行ってきました!


  

 MIA(Micro Implant Anchorage)とはミニスクリューを用いて骨に固定を求める矯正治療法のことで、その世界大会がAAOにタイミングを合わせて、ここホノルルで開かれています。
 会場はなんとHyatt Regency Resort&Spaです。施設が大きすぎて、どこで開催されているのかさっぱりわからず、迷ってしまいました。


  

 ホテルが巨大過ぎて、会場がわからず、右往左往しました。


  



  

 私たちの師匠の慶北大学の景先生です。慶北大学は浜松医大と姉妹校で毎年交互に訪問しているそうです。



  



  

 矯正用スクリューアンカー研究会の代表の足立区の高橋先生。英語がとってもお上手でした。

  



  

 韓国の教授の先生。英語が驚くほど流暢でした。


  



  

 ワイキキの夕暮れは癒されます。



  



  

 サーフィンが生活の一部になっていました。


  



  

 オアフ島で一番行列ができていたのは、なんとあの丸亀うどんでした。
 ウチの近所にもあるあの丸亀うどんとは驚きでした。がんばってます。

Posted by アースやまぐち歯科医院 at 23:48
この記事のリンク

最近の投稿

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱カテゴリ

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

月別情熱日記

静岡県浜松市の歯医者 やまぐち歯科医院の最新投稿へ

情熱日記を検索

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のフリーダイヤル 0120-6480-53 定期検診予約専用 0120-39-8020

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のメルマガ登録

情熱日記中の人

愛と情熱の歯科医
山口芳照

静岡県立浜松北高、歯科界のフロントランナー東京歯科大学を平成3年に卒業後、平成4年銀座の超カリスマデンティスト小嶋寿先生に師事。その後平成5年にやまぐち歯科医院を立ち上げ、歯科医療相談、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、お子様の矯正歯科を得意分野として地域一番医院を創り上げる。

歯科医師として多忙の傍ら、バイオ機器メーカー「東亜自然化学」代表取締役社長に就任。また大阪の大学研究室にも所属し、基礎の視点からも歯科医学を探究している。

「自分がクライアント・患者さまだったなら受けたい歯科医療を提供する」を信条とし、痛くなく、清潔で安心の歯科サービスを提供するため、日夜、格闘している。

年齢40歳+α、浜松市佐藤町生まれ。動物占いは狼。血液型AB。尊敬する人物・アンソニーロビンズ。

静岡県浜松市の歯医者さん
やまぐち歯科医院ホームページ

東浜松インプラントガイド
きょうせい歯科★解説サイト
モバイル携帯公式サイト

静岡県浜松市のやまぐち歯科医院のSyndicate RSS2.0

個人情報について

当ブログに掲載したお写真、または個人情報は、事前にご了解を頂戴しております。